カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

バラの病害虫と対策

バラの代表的な病害虫(うどんこ病、黒点病、アブラムシ、コガネムシ、ダニ類、バラゾウムシ)と対策についてお伝えいたします。

うどんこ病の対策

うどんこ病は4~6月と、9~10月ごろの湿度が高い時に発生しやすい病気です。窒素過多で、徒長した(ひょっろっと間延びした)蕾にも多く見られる反面、高温期には発生が少なくなります。 陽当りと風通しが大事で、春と秋の病気の発生に適した条件で勢いよく広がりますが、早めの対応によって被害をおさえる事ができます。

【予防薬】
ダコニール1000トリフミン水和剤 などがあります。 病原蕾は葉裏から感染しますので、葉裏を洗うように薬剤を散布します。 当園では新たな対策として、食用に用いるデンプンを使った、人畜無害な商品を使用しております。

エコピタ・粘着くん液剤などの商品もあり、薬剤のように抵抗性を作らないため、安心して使える商品です。

【強い品種】
特に強い品種という物はありませんが、経験から照葉の系統は少ない様に思われます。うどんこ病の胞子が着床しずらいのではないかと思います。

黒点病の対策


うどんこ病と同様にバラの2大疾病の一つです。 6~8月と、10~11月の日中と夜の温度の差が大きくなる時期に、発生を見ます。 病原菌は自然界にいつでも存在していて、降雨で土がはねるのも大きな要因です。 対策として、枝先にマルチング(敷物)をするのも一つの策です。
うどんこ病と同様、日当たりと風通しはもちろん、発生した際の初期対応が大事になりますので、発生したら継続的な薬剤散布を行います。特に強い品種はなく予防が大切になります。

【予防薬】
ダコニール1000 ベンレート水和剤 サプロール乳剤

アブラムシの対策

「アブラムシを付かないようにする」といった対策はありません!いかに被害を最小限に抑えるかが大切です。春先になると柔らかい新芽が伸びてきます。この柔らかくて美味しい新芽はアブラムシの好物なのです。新芽の樹液を求め群がり始めます。 病害虫の対応は、いずれも初期対応が一番大事です。対応としては、アブラムシは新しい梢の先端に付きますので、早い段階であれば手で摘まんで潰してしまえばOKです。対応が遅れてしまうと、薬剤の全体散布となります。

コガネムシの対策


コガネムシは、成虫と幼虫でそれぞれ被害が異なります。成虫は夏から秋にかけて花びらや葉を食害しますが、幼虫はバラの根を食害し大きな被害をもたらします。幼虫は鉢底からも侵入し、鉢の植替時などに発見され、後から生育障害の原因であったことが判明します。

【予防薬】
成虫:各殺虫剤  幼虫:ダイアジノン粒剤5%

ダニ類の対策

症状としては、葉の表面がかすれた様になり、やがて落葉します。症状が進むとクモの巣状になりバラの生育を妨げます。高温期に多く発生し、一度発生すると瞬く間に広まります。ダニはクモの仲間で水を嫌う性質があるので、水やりの時に葉裏を水で洗うようにすると効果的です。
自然界には外敵が存在するので異常発生はしませんが、屋内など隔離された場所では多く発生します。当園では自然にやさしい「エコピタ」などの商品でダニを駆除する効果を上げています。
いずれも初期対策が重要です!

【予防薬】 エコピタ

バラゾウムシの対策

4月中旬ごろになったら、週に1~2回の殺虫剤の散布をおすすめします。蕾が大きくなると幹も固くなるので大丈夫です。ゾウムシの仲間は世界各所に何百種類もいると言われています。その中でバラゾウムシとい体長3mm足らずの小さな虫が、大切なバラの蕾を枯らしてしまいます。 4月中旬ごろ新梢が5~10cn位になると、小さな蕾が顔を出します。この若い蕾を目当てに外から飛来してきます。 花首の幹に像のような触手を刺し、樹液を吸います。被害にあった蕾は開花することはありません。ひどいときは一つも花を付けないこともあります。

【予防薬】
一般的な殺虫剤をご使用ください。
バラの病害虫と対策