カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

秋津療育園さん21年夏の手入れ

※以前の秋津療育園さんのお手入れはこちらから
バラの遊歩道とアーチづくり1日目~秋津療育園さんにて~

(1)以前のお手入れから時間が経ち、職員の方が 品種名の書かれた丈夫なネームプレートを作ってくださいました!

(2)たくさんのピンチ跡から 春は見事に花を咲かせたであろうことがわかります。

(3)こまめに雑草取りをしてくださっている様で株元はスッキリ 風通しもとても良さそうです。

(4) つるバラもしっかり育って シュートも勢いよくたくさん出ています。

(5)病気もほとんど無く 葉は青々として、職員の方々が愛情を持ってお手入れをされている事がわかりました。

(6)カミキリムシ!何ヶ所か 枝の皮がきれいに食べられた跡が見られました。

(7) ステムの長いキャラミアなどが 2M近くまで成長していました。 (遊歩道左側)

(8) 一通り確認して、作業開始です。

(9)まだまだたくさんの花が きれいに咲いていたため 蕾や咲いている枝はそのまま残し 枯枝のカットと 他の枝は見映えが良い様に3分の2程に揃えました。 (10)つるバラのシュートもアーチにしっかりと誘引。

(11) たっぷりの肥料を 一ヶ所にかたまらない様 アンダースローで広げるように施し、株元の芝生もきれいに刈り取り

(12) しっかりと薬剤を噴霧して終了です。


残した花後の剪定は職員の方々にお願いし、冬になってバラが休眠期入ったらまた 思い切った強剪定と誘引を行います。
ありがとうございました。

~スタッフの感想~
剪定作業って難しい…。
なかなか勇気が必要で、どこで切ったら良いのか悩んで手が止まってしまいます。するとそこで園主が一言。
「 悩まない!!!バラは結構丈夫だから皮一枚繋がっていれば大丈夫! 大事なのはバランス!」といつも言われています。
悩まない悩まないと思いながらリズミカルにチョキチョキしましたら、今度は「切りすぎ!」と言われました。
     やっぱりムズカシ〜です。
スタッフの園芸ブログ

この記事を書いた人

rose_staff

rose_staff

篠宮バラ園で働く生産スタッフです。
皆様のもとへ元気で丈夫な苗がお届けできるよう今日も頑張ります♪

窓際で育てるミニバラ栽培 手のひらサイズのバラを楽しもう 5,478円(税込)〜