カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

ピエールドゥロンサールの育て方

初心者におすすめしたい理由、魅力

ピエールドロンサールは、1985年/フランスで作出された品種です。

花はクリーム色の大輪、花の中心に向かうほどピンクを増します。系統はつるバラに属し、生育旺盛で丈夫で大変育てやすい品種です。一季咲きの多いつるバラでありながら、よく繰り返し咲きをし、秋までたくさんの花を楽しませてくれます。また春に短く剪定しても、花をよくつけます。(普通のつるバラではありえません!)病害虫に強く、バラを始められる初心者にはぜひともオススメしたい品種です。

鉢で育てるコツ

ピエールドロンサールは大輪系のつるバラですので、基本的には、鉢ではなく露地にオススメしたい品種です。露地植え出来ないときは、10号鉢以上の大き目なプランターをおすすめします。容量が小さくなれば、鉢土が乾き、水やりの回数も増し、バラにストレスを与えます。ベランダでの管理は、水やり、追肥などの基本作業と、太陽光の調整、風対策が必要です。


水やりについて

露地植えではあまり問題になりませんが、鉢栽培の場合は生育旺盛なので、土が乾きやすいです。乾いたら水をあげるというように、基本を大切にしましょう。また、小さい鉢ですと、とくに乾きやすいので、大きめの鉢がやはりおすすめです。


剪定で注意すること

春の一番花から始まって、7月ごろまで長く開花しますが、開花後は強く剪定してしまうと花の付く間隔が長くなります。花がらだけをつむようにしてください。
来春に向けての本剪定は、12月~2月末までに終わらせましょう。


誘引について

ピエールドゥロンサールは、基本的に生育旺盛なつるバラですので、ブッシュ仕立て、あるいは小さなオベリスクには、出来れば避けていただきたい品種です。無理に詰めて剪定してもかまいませんが、ロンサール本来の素晴らしい性質を台無しにしかねません。大き目なオベリスクやフェンスなど広い場所での誘引が適切です。

バラは、それぞれ系統がありますので、その特性を生かしてこそ、その品種の素晴らしさが発揮できるのではないでしょうか。



注意する病害虫

とくに、ピエールドゥロンサールだから気をつけなくてはいけない病害虫はありません。生育旺盛で、バラを始められる方におすすめなのもそのためです。一般的な対策で十分です。

病気→ 黒点病、うどんこ病
虫→ アブラムシ、コガネムシ、バラゾウムシ、ダニ類

バラの病害虫と対策について

花言葉

バラの花言葉は「愛」、
中でもピンクのバラは「完璧な幸せ」、
白いバラは「私はあなたにふさわしい」。
ではピンクと白をあわせ持つこの花は?
プロポーズしかないような…


バラの名前に寄せて

ピエール ドゥ ロンサール
Pierre de Ronsard (1524-1585)

ルネッサンス期のフランスの詩人です。若い頃から「詩の王子」として称えられ、宮廷詩人としての地位を確立しました。その後、政変や病に翻弄されながらも詩への情熱を失わず、ギリシャ古典の研究を踏まえ、フランスの田園風景、美しい女性やかなわぬ恋などを叙情的にうたっています。いくつかは歌になり、今もフランスでフォークソングとして親しまれています。

 Mignonne, allons voir si la rose
 (かわいい人、このバラをごらん)

この原題をYouTubeで検索してみると、長調で歌われるかわいらしいアニメと、短調のリュートの伴奏でものうげに歌われる動画が見つかります。
この詩はどちらの気分なのかと戸惑われるかもしれません。内容はバラの美しさとはかなさを歌っているのですが。

もとは「À CASSANDRE カッサンドルに」という女性に寄せた詩です。彼女はイタリアの銀行家の娘で15歳、ロンサールは21歳の時の出会いでした。ロンサールは貴族の出ですが、10代後半に病気によって片方の聴力を失ってしまいます。その後は教会の援助で学んでいましたが、聖職者でもあったので結婚はできなかったのです。

ロンサールはガーデニングも好んでいたそうです。彼がかつて住んだ館の庭には、今でも数々のバラが咲き乱れています。


品種ごとの育て方

この記事を書いた人

篠宮バラ園 園主

篠宮バラ園 園主

「毎日がバラとのお付き合い」
20歳のころから50年近くバラとともに生活しています。いまだにバラの気持ちを理解しきれていません。

「気まぐれで気位の高い姫と、これからも…」
園主のひとり言でした。