カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

19年春苗も根が充実しそうです。~台木の冬支度~

篠宮バラ園の12月の作業は、新苗の土台となるノイバラの堀上げです。
元気に育っているノイバラを土から一度抜き、茎や葉をカットし、再度土の中に埋めて冬を越します。




成長を見てみると、太さもしっかりあり、19年春にお届けする新苗用の充実した台木が出来そうです。
新苗は4号ポットに入れてお届けするのですが、この力強い根の様子にスタッフからは「ポットに入らなかったらどうしよう(笑)」なんて声も聞こえてきます。

それにしても、ノイバラの生命力に驚きです。
春にまいた数ミリの小さな種がこんなに大きくなり、なかには、2メートル近くなったものもありました。
ノイバラは春からぐんぐん生長し葉をうんと茂らせ、大地へはしっかりとした根を伸ばしてきました。 これからの寒さ厳しい冬を耐え、春には接いだ芽が元気な成長を見せてくれます♪



農場と温室の様子

この記事を書いた人

篠宮バラ園 スタッフ

篠宮バラ園 スタッフ

篠宮バラ園webまわり担当。
園内に咲くバラの香りや美しさに日々感動しているベランダガーデナーです。
園主のバラへのあふれる愛を、お客様にどうお伝えするか、日々奮闘中!

お部屋で簡単バラ栽培 手のひらサイズのミニバラ盆栽 4,980円(税別)〜