カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

芳純の育て方

芳純をおすすめしたい理由

芳純は1981年に鈴木省三氏によって作出されました。 クローネンボルグ/グラナダを親に持ち、サーモンピンクを帯びたローズ色の半剣弁高芯咲きのボリュウムのある花形に特徴があります。 又、名の由来もこの品種の特徴から付けられ香りの素晴らしさを表しています。樹形もコンパクトでまとまりやすいので、比較的初心者の方でも安心して育てていただける品種です。



香りについて

調香師からも高い評価を受けている芳香品種です。有名な化粧品メーカーの香りの元になったバラとも言われています。


花持ちについて

名花、ピースの血を色濃く受け継ぎ花弁の肉厚と、ふっくらとしたボリューム感ある花は見ごたえが有り花持ちも優れています。


樹形と、この樹形の特徴や気を付ける事、適した環境

葉は大きめで、葉脈がはっきり表れます、樹形は直立性ですが枝の節間が短いため、株はコンパクトにまとまり仕立てやすく、鉢栽培などに向きます。


とげついて

バラの棘にも様々な形が有りますが芳純の棘は肉厚で短く、数も少な目の様です。


病害虫について

比較的、丈夫な品種ですが、高温期に下葉が黄変、落葉しやすい一面もあります。 一般的な黒点病、ウドンコ病、アブラムシなどの防除は必要です。



品種ごとの育て方

この記事を書いた人

篠宮バラ園 園主

篠宮バラ園 園主

「毎日がバラとのお付き合い」
20歳のころから50年近くバラとともに生活しています。いまだにバラの気持ちを理解しきれていません。

「気まぐれで気位の高い姫と、これからも…」
園主のひとり言でした。

お部屋で簡単バラ栽培 手のひらサイズのミニバラ盆栽 4,980円(税別)〜