カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

マダムピールオジェの育て方

マダムピエールオジェのように、オールドローズが初心者におすすめな理由

1世紀半も前にフランスで作られた「ラ レーヌ ビクトリア」の枝代わりの品種です。 花色は淡桃色で深いカップ咲きで数輪の房咲きになります、強い芳香があり樹形は直立性でシュートの発生も良く大きな株立ちになります、強健種で初心者の方にお勧めしたい品種です。


バラの栽培は、香料、薬用として利用されたのが始まりで、起源は古代ペルシャ(現在のイラン)と言われます。
ヨーロッパや日本、中国の野ばらが原種となり、現代のバラの基礎になりました。現代のハイブリットティ(HT)「モダンローズ」は、1867年に四季咲の「ラ フランス」の品種以降のバラになり、それ以前のものをオールドローズと呼びます。 オールドローズは原種の血を受け継ぎ、丈夫で強健な品種です。「ラ フランス」以降の品種は鑑賞用に人為的に交配された園芸品種で、美しさを求めた結果、強健性に難がある品種が多い様に見受けられます。 オールドローズは一季咲きが多く残念ですが、その香り、花容のすばらしさには圧倒されます。


どんな環境で育てるのが、マダムピエールオジェにとって理想的ですか

花壇でも鉢でも向く品種です。でも、のびのび育つ露地植えが理想ですね。
もし露地植えが難しい場合は、大き目な鉢を選び、水の乾きなどのストレスを無くしてあげます。 枝も良く伸び風当たりも良くなるので、トレリスなどに沿わせるのも良いです。



誘引や剪定のコツ、気を付ける事

木立性のオールドローズは自然のまま、手を加えなくても良いのですが、スペースを考慮して剪定します。 短く剪定してもそれなりに仕立てられますが、オベリスク仕立てなどがお勧めです。フェンス、アーチには向きません。


マダムピエールオジェの花持ちはどうですか?

中輪の花ですので開花後は花びらが風に散る様に舞います。
花色、香り、育てやすさは素晴らしい品種です、当園でも一押しの品種になります。






品種ごとの育て方

この記事を書いた人

篠宮バラ園 園主

篠宮バラ園 園主

「毎日がバラとのお付き合い」
20歳のころから50年近くバラとともに生活しています。いまだにバラの気持ちを理解しきれていません。

「気まぐれで気位の高い姫と、これからも…」
園主のひとり言でした。

お部屋で簡単バラ栽培 手のひらサイズのミニバラ盆栽 4,980円(税別)〜