カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

フランソワジュランビルの育て方

フランソワジュランビルをおすすめしたい理由

ピンクの中輪房咲で、その色彩や花容、花付きの良さで最も人気の高い品種の一つです。
伸長は極めて旺盛で株元や枝の途中から良くシュートが発生し誘引の自由度は高く面積さえあれば本当に見事な景観が楽しめます。 甘酸っぱい香りの花、光沢のある葉、耐病性それにランブラー・ローズには珍しく棘の少ないのも魅力です。

Q.ランブラーローズとは?クライミングローズ、シュラブローズとの違い

つるバラ(クライミング・ローズ)の中にランブラー(良く伸びる)と、シュラブ(低木、灌木)といった分け方あると思えばいいかと思います。 系統的には大変難しくなるのですが、イングリッシュ・ローズや近年作出された返り咲きの小型のつるバラなどは、シュラブ・ローズに分類されます。

「ランブラー」とは、やたらと伸びる、ぶらぶらするといった意味合いが有ります。つるバラの仲間でも特に伸長力が旺盛です。 日本の野バラや、照葉(テリハ)ノイバラ、その他の原種を交配親とする品種群を言います。いずれの品種も親である原種の影響を色濃く受け継ぎ、小輪、房咲きで花付きの良い品種が多くあります。


育てるのに適している場所

上記で説明しました様に伸長力が大変旺盛ですので、面積のあるアーチ、フェンス、壁面、などが良いです。また、支柱をしなければ地面を這って伸びますので、土手などのグランド・カバーとしても有効な貴重な品種です。
反対に狭いスペースには不向きです。


誘引のコツ

他のランブラー・ローズにも言えることですが、枝をあまり詰め過ぎず特性を生かすように誘引し、2年目以降に枝が混んできたら株元の枝を2~3本に整理し枝数を減らします。これにより風通しも良くなります。
気を付けて頂きたいことは、育て方によっては屋根まで覆い被さる様な元気な品種ですので、高い所の作業にはくれぐれも注意をお願いいたします。大きくなった株のお手入れはやはり専門家にお願いするのが一番かと思います。


気を付ける病害虫

強健種ですので一般的な防除でよいもですが、如いていえばカミキリムシの幼虫の テッポウムシの食害には気を付けたいですね。対処もしっかりと行いましょう。


その他、気を付けること

伸長力が大変旺盛ですので、まめに誘引の作業をして下さい。



品種ごとの育て方

この記事を書いた人

篠宮バラ園 園主

篠宮バラ園 園主

「毎日がバラとのお付き合い」
20歳のころから50年近くバラとともに生活しています。いまだにバラの気持ちを理解しきれていません。

「気まぐれで気位の高い姫と、これからも…」
園主のひとり言でした。

お部屋で簡単バラ栽培 手のひらサイズのミニバラ盆栽 4,980円(税別)〜